事業内容

BUSINESS 事業内容

  • JSA JIS Q 9001-2008
  • JAB CM001

独創的な技術力によりお客様と共に未来を彩る満足度の高い企業をめざす。御国色素では、そのような経営理念のもと、お客様に安心と信頼の品質を保証する"ISO-9001"を取得しました。

リチウムイオン電池

御国色素では、日本基幹産業の"最後の砦"と期待されるリチウムイオン電池部材の研究開発を行っています。

モノ作り、日本の未来を担う安心・安全なリチウムイオン電池

携帯電話やノートパソコンなどの普及に伴い、
リチウムイオン電池が注目され需要が高まっています。
また地球温暖化や地域環境問題を解決する省エネルギー対策として、
電気自動車やハイブリッド車などへのリチウムイオン電池搭載の開発も進んでいます。

リチウムイオン電池は、電極面積を大きくして電池反応の効率を上げるために、
電極活物質とバインダ、導電材等を混合した塗料を帯状の金属箔上に塗布した正負極両極が用いられ、
これがセパレーターと共に巻かれた後、電池缶に収納されています。

正極用の塗料は、リチウム遷移金属酸化物の正極活物質とバインダ、導電材の炭素などを攪拌機で混合し、
ペースト化して作製します。
しかしながら、このペーストは、リチウム遷移金属酸化物及び炭素の混合が十分なものではなく、
塗布して作成された正極でのリチウム遷移金属酸化物及び炭素の分散状態の不均一性が問題となっていました。

分散が不均一だと、リチウム遷移金属酸化物及び炭素の偏りが起こり、
電池の品質のばらつきや歩留まりの低下を招いてしまうからです。
また本来の材料由来の容量を引き出せていないことも欠点となっていました。
リチウム遷移金属酸化物の通電性が低下すると、
電解液の副反応が起こりやすく、サイクル劣化の原因にもなります。

御国色素では、炭素の分散性を向上した分散液を開発しました。
この分散液を用いると、電池の品質のばらつきをおさえ、
歩留まり良好、高放電容量で、
しかもサイクル劣化が小さいリチウムイオン電池を製造することができます。

御国色素が誇る開発技術はココ!

●リチウム遷移金属酸化物の表面を炭素材料や炭素繊維で被覆し分散性を向上
電池の品質ばらつきが小さく、歩留まりが良好で高放電容量かつサイクル劣化が小さい二次電池正極用分散液を提供